リレー寄稿

 災害廃棄物対策に取り組む方々にリレー方式でご自身の専門分野や活動をご紹介いただく『リレー寄稿』のコーナーを新たに立ち上げました。
※コーナー名は今後変更の可能性がございます。

 執筆者の方々には災害廃棄物対策への関わりや思いをご披露いただくとともに、繋がりのある次の執筆者を紹介いただきながら連載記事を構成していきたいと思います。本企画により、災害廃棄物分野でご活躍されている人材の「見える化」を図るとともに、皆様の知見や経験を広く共有し、当該分野のネットワークを構築することができればと考えております。

はじめに

<リレーの進め方>

●バトンを受けたら

●次の質問に応えていただきます。

■固定の質問(4問)

〇災害廃棄物に関わったきっかけは何ですか?

〇活動の中で最も強く印象に残っていることは、どのようなことですか?

〇現在の災害廃棄物対策との関わりや今後取り組みたいことは何ですか?

〇災害廃棄物対策に関して欲しい情報、共有したい情報を教えてください。

■自由記述(1問)

〇災害廃棄物対策でのつながりで感じたことや思いなどを語ってください。

●さいごに、繋がりのある次の執筆者を紹介いただきます。

※リレーは
研究者系
行政系
支援団体系
の3コースを並行して進めていきます。


リレーのスタートに当たり

 東日本大震災以降も、毎年のように中小規模の局地災害が発生し、そのたびに災害廃棄物問題がクローズアップされています。災害廃棄物情報プラットフォームは、災害廃棄物処理を担う自治体やそれを支援する関係者等が将来に備えて対応力を向上させることに活用できる情報を提供することを目的として開設しました。
 一方、災害に対応していくためには、人のネットワークづくりが欠かせません。混乱する災害非常時に役割を果たすのが、信頼できる者同士のつながり、ネットワークなのです。東日本大震災時には、「きずな」の大切さが浮き彫りになりました。
 そこで本プラットフォームでは、災害廃棄物対策に関係する方々のつながりを辿って、リレー方式で連載していくコーナーを新設することにしました。執筆者には災害廃棄物対策への関わりや思いをご披露いただくとともに、繋がりのある次の執筆者を紹介いただきながら連載記事を構成していきたいと思います。そして、本プラットフォームの下に関係者のネットワークが醸成されていくことを期待します。

 次回から本コーナーでは、お決まりの上記の四つの質問に回答いただき、その他自由にそれぞれの思いなどを語っていただきます。まずは私自身のことを紹介させていただいて、本コーナーのスタートにしたいと思います。 大迫政浩(おおさこまさひろ)(2017/10/31掲載)



寄稿記事


大迫政浩(おおさこまさひろ)



国立研究開発法人国立環境研究所
資源循環・廃棄物研究センター
センター長
(鹿児島県出身)

○災害廃棄物に関わったきっかけ

 廃棄物分野で駆け出しだった頃、阪神淡路大震災が起こり、学会の若手チームで調査研究を行った経験はありましたが、やはり東日本大震災、未曽有の津波災害に対して、環境省所管の研究機関の責任者として技術的支援の立場から関わることになったことが大きな契機になりました。

○最も強く印象に残ったこと

 東日本大震災における宮城県や岩手県の沿岸部の悲惨な状況、この前まであった人の営みの場がすべて「がれき」となった姿に、自然を前にして人間が無力であることを思い知らされました。それでも、国立環境研究所では、過去に全く知見のなかった津波廃棄物の処理に対して、発災直後から全国の専門家のネットワークを通じて知見を収集整理し、被災地で活用可能な情報を発信し続けました。日頃の人のつながり、信頼関係が、被災地の人々を助けたいとの一心で結集した瞬間でした。強く印象に残っています。

○現在の災害廃棄物対策との関わりや今後取り組みたいこと

 国立環境研究所では、平成28年4月に災害環境マネジメント戦略推進オフィスを設置しました。そこでは、D.Waste-Netの有識者グループの中核機関として平時から災害時までの災害廃棄物対策の支援を行うことになります。本情報プラットフォームもその一環です。熊本地震や九州北部豪雨災害時には現地での技術支援を行いました。人材育成手法の開発やその実践なども行っています。今後は、産官学問わず支援側でコアとなる専門家の人材づくりとそのネットワーク化に注力していきたいと思っています。

○災害廃棄物対策に関して欲しい情報、共有したい情報

 地震や豪雨災害が毎年のように起こる日本、全国各地で災害廃棄物処理に様々な立場から携わった方々が少なからずいらっしゃると思います。それらの経験者の人材のネットワークをつくるための情報を共有できればと考えています。

○その他、災害廃棄物対策に関する思いなど(自由記述)

 災害時の廃棄物対策には、平時とは異なる様々な混乱がありますが、決して別物ではなく両者はつながっていると思います。災害廃棄物対策への強靭なシステムをつくっていくことが、日頃の廃棄物処理にもつながっていき、強靭で持続可能な廃棄物処理システムづくりへの契機になると信じています。特に重要なことが、人材育成とネットワークづくりではないでしょうか。

(2017/10/31掲載)


top